自分自身のステップアップにもしっかり取り組んでいきたい | Voice ep.04

クラフで働くメンバーの生の声をお届けするVoice シリーズ。

今回は入社11ヵ月、現在は設計ビギナーとして働く三宮さんのインタビューをお届けします。前職からクラフへの転職を目指した理由や、実際に入社してからの印象はどうだったのか、赤裸々に語っていただきました(以下敬称略)。

ーまずは自己紹介をお願いできますか?

三宮:専門学校を卒業後、まずWeb開発会社のエンジニアとして働きました。その後コールセンターの派遣社員としてオペレーター業務に就いたのち、クラフへ転職しました。

クラフへ入社してから11ヵ月目で、現在は設計ビギナーとして働いています。

ーコールセンターから転職されたということですが、クラフに応募した理由を伺えますか?

三宮:前職のコールセンターのオペレーター業務は、シフト制の勤務体制でした。土日祝日はもちろん、深夜出勤もあるなど、なかなか出勤状態が安定しないことに不満を感じていました。

そうした理由から転職活動を進めていたのですが、就職説明会でクラフのお話を聞いていると、しっかり土日祝日が休め、勤務時間も安定している企業だと感じました。給与制度や評価制度もしっかり整っていて、とても魅力的な会社だなと。

それから、セキュリティの脆弱性診断という仕事に強く興味を惹かれた点も、クラフに応募した理由の1つです。

ーなるほど。安定して働ける環境と、魅力ある業務内容に惹かれた訳ですね。では、実際にクラフに入社してみた印象はいかがでしたか?

三宮:積極的に意見を汲み取ってくれる環境だと感じました。入社するとまず「セキュリティ診断士【実行】」の業務に取り組むのですが、1つ上の【設計】の仕事にトライしたいと志願したところ、実際に挑戦させてもらえました。

自分は将来的に正社員になりたいという目標を持っています。そのために必要なスキルを身に付けるには、より難易度の高い業務にも挑戦しなければなりません。そうした業務にトライしたいという姿勢を認めて、実際に挑戦させてくれるのはとてもありがたいなと。

新しい仕事に対して興味や好奇心を持つ自分のパーソナリティとも、相性が良い環境だと感じています。

ー正社員を目指したいということでしたが、その理由はどこにありますか。

やはり1つは、給与面や働くうえでの安心を得られるという点です。クラフでは年齢に応じて給与がアップする年齢給という制度を採用しています。宮崎ではとても珍しい制度ですし、働く上でのモチベーションにもなります。

それから、自分は「より上に行きたい」「ステップアップしたい」という思いを強く持っています。そのためにも、まずは正社員を目指すという目標を掲げています。

ー三宮さんからは、強い向上心や好奇心を感じますが、これから働く上でのビジョンや目標などはありますか?何か具体的なアイデアなどもあれば、ぜひお聞かせください。

三宮:まずは正社員を目指すということ。そのために必要なスキルをしっかり積み上げていきたいと思います。

その上で、誰よりも上に行きたいという野心を強く持ち続けたいなと。それは個人としてだけでなく、会社をよりよくしていきたいという意味も込められています。

環境に甘えることなく、自分自身のステップアップにもしっかり取り組んでいきたいですね。

三宮さんは現在23歳。インタビューからは高い向上心と好奇心を感じさせてくれました。こうした人材が前向きなアイデアを発信して、それを受け取る環境が整っていることは、クラフの大きな魅力と言えるでしょう。若い人材が育ち、クラフがさらなる成長をみせる姿が楽しみです。


KRAF(クラフ)ではセキュリティの脆弱性診断を通じて、私たちと一緒に社会に「安心」を届けるメンバーを募集しています。まずは採用情報から、KRAFのお仕事内容や「安心」への想いを覗いてみてください!

皆さまのご応募をお待ちしております。

RELATED 関連記事

採用情報

社員の皆さまが安心してお仕事に取り組めるよう日々よりよい環境づくりに励んでいます。
皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

教育体制

事業の大きな成長に伴い、人員も急増中。
皆さま一人ひとりが成長できるよう、しっかりとした環境・機会を用意しています。