無料 Wi-Fiでデータが盗まれる!?Wi-Fiをハッキングする2つの方法とは??

Wi-Fiには、他人のコンピューターに不正に侵入する「ハッキング(クラッキング)」のリスクがあることをご存知でしょうか?何気なく使っている無料Wi-Fiが、実はデータを盗み出すための罠かもしれません。

そこで今回は、身近なセキュリティ問題を知ってもらうために、Wi-Fiをハッキングする代表的な2つの方法をご紹介します。ハッキング方法を知ることで、セキュリティ意識を高めるきっかけにしてみましょう。

Wi-Fiの代表的なハッキング方法は2つ

Wi-Fiを使ったハッキングには、大きく2つの方法があります。

  • マンインザミドル:偽装したネットワークに誘い込む方法
  • スニッフィング :直接ネットワークに入り込む方法

それぞれの方法について、詳しくみていきましょう。

1.マンインザミドル

「マンインザミドル」と呼ばれるハッキング方法は、攻撃者があたかもお店や公共機関のWi-Fiであるかのように偽装して、ネットワークに接続させる方法です。

街中でパソコンやスマホを利用する際、コーヒーショップや公共機関(駅や図書館)のWi-Fiを利用する方も多いのではないでしょうか?

例えば「○○コーヒー」という名前にそっくりな「○✕○コーヒー」というWi-Fiのアクセスポイントを用意します。利用者がお店のWi-Fiと勘違いしてこのWi-Fiを利用すれば、攻撃者のネットワークに簡単に誘い込み、情報をまるごと盗み出すことができます。これがマンインザミドルのハッキング方法です。

この方法は利用者の通信をすべて傍受される可能性があり、Wi-Fiを使ったハッキングの中でもっとも危険な方法と言えるでしょう。

2.スニッフィング

「スニッフィング」とは、直接ネットワークに入り込んで情報を盗み出すハッキング方法です。

Wi-Fiなどのネットワークでは、本来すべてのデータを受信できる仕組みになっています。しかしこれでは個人情報や機密性の高い情報がすべてオープンになってしまうことから、普段はデータを暗号化してやり取りを行っています。

では、このデータの暗号化を行っていない場合や、ネットワークに入り込むパスワードをあらかじめ知っていればどうなるでしょうか?本来はすべてのデータが受信できる仕組みになっているのですから、簡単にデータを盗み出すことができますよね。

スニファリングは、こうしたネットワークの仕組みを巧みに利用して、データを盗み出すハッキング方法です。

Wi-Fi ハッキングの被害から身を守るには

それでは、マンインザミドルやスニファリングといったWi-Fiハッキングの被害から身を守るにはどうすれば良いのでしょうか?ポイントは次の3つです。

  1. 信頼できない公衆Wi-Fi は利用しない
  2. SSL化(暗号化)されたツールを利用する
  3. ブラウザをいつも最新の状態にアップデートしておく

まずは、信頼ができない公衆Wi-Fiの利用は避けるようにしましょう。利用する場合も、本当にお店や公共機関のWi-Fiかきちんと確認を行います。また、公衆Wi-Fiを使ったクレジットカードの使用や個人情報のやり取りは控えるのが安全です。

その他にも、SSL化(暗号化)されたツールを必ず使用しましょう。暗号化した状態でのデータのやり取りは、ハッキングから身を守るための必須条件と言えます。

最後に、パソコンやスマホで利用するブラウザは常に最新の状態へアップデートしておきましょう。古いバージョンのブラウザはハッキングされやすい脆弱性があるため、最新バージョンへのアップデートは欠かさないようにしてください。

セキュリティ意識を高めて大切なデータを守る

今回は、Wi-Fiをハッキングするための代表的な方法を2つご紹介しました。Wi-Fiは現代の社会ではとても身近なサービスです。何気なく利用しているWi-Fiから、あなたの大切なデータが盗み出されているかもしれません。

こうした悪意ある攻撃から身を守るためには、セキュリティ意識を高め、万全の対策を練っておくことが重要です。KRAF(クラフ)では、セキュリティの脆弱性診断を通じで、情報化社会へ「安心」を提供しています。

「安心」を届けるKRAFの仕事を、私たちと一緒に担ってみませんか?

関連記事