採用計画も2年前倒し!現在50名・夏までに70名採用の予定です|スペシャル対談 Vol.1 前編|戸敷正 宮崎市長

株式会社クラフは、宮崎市の立地企業に認定頂いており、認定後の活動報告も兼ねて、戸敷正宮崎市長に表敬訪問させていただきました。
本コンテンツは、その際の対談記事になります。

藤崎:
当社では、インターネットを介したハッカーなどの攻撃から、個人情報やデータを守るためのセキュリティ診断テストのサービスを提供しています。

これまで、セキュリティ診断テストを行うには、高い技術を持ったエンジニアが必要でした。そこで当社とグループ企業で連携して、「誰でもセキュリティ診断ができる」ツールやシステムの開発に成功しました。これは当社の一番の強みとも言えます。

誰でもセキュリティ診断ができる仕組みが整えられたことで、雇用の面でも大きなメリットを得ることができました。
当初提出させていただいた計画では、3か年で70名の雇用を目指すとお伝えさせていただいたのですが、現時点(事業1年目)で50名の採用に至っています。

この春(2019年)から夏に向けて70名の採用を予定しているので、計画を2年間前倒しで進めることができています。


戸敷市長:
それはすごいですね。それほど簡単にセキュリティ診断ができるものなのですか?


藤崎:
もちろん、スキルを身に付けるまでの時間は多少必要ですが、そのための教育体制もきちんと整えています。
当社では現在50名の社員が働いているのですが、ほぼ全ての方が業界未経験です。

それから、当社では入社時に適性チェックを行っています。これは実際のセキュリティ診断に類似したテスト内容になっていて、このテストを行うことで当社との適性をあらかじめ確認することができます。

セキュリティ業界は、慢性的な人材不足です。この人材不足を、当社の「誰でもセキュリティ診断ができる」という仕組みと、適性チェックによるミスマッチの解消を通して改善できるのではないかと。

人材不足ということは、それだけニーズが高く、給与面での待遇に還元することも可能です。当社でも「年齢給」(※年齢×1万円が月給)をはじめとしたさまざまな人事制度で、現在働いている社員のみなさんはもちろん、これから当社の仲間になってくださる宮崎の方々にも「安心」して働ける環境を提供したいと考えています。

戸敷市長:
まさにこれからの時代に求められる仕事を担っている訳ですね。セキュリティ診断を人の手で行うというお話でしたが、最近話題のAIに置き換わっていくという可能性はないのでしょうか?

藤崎:
おっしゃる通りで、そうした流れも進んでいます。しかし、どうしても最終的には人の手が必要となっているのが現状です。
実は、セキュリティ診断のように、真面目さや誠実さが求められる仕事は、宮崎の県民性とマッチしていると考えています。そうした重要な部分を、宮崎のみなさんに担っていただければと思っています。

戸敷市長:
なるほど、今後ますます需要は増えていくという訳ですね。
これだけ情報化社会が進んでいると、意図しないところで情報が流出するというリスクも年々高まっていますよね。

われわれ行政も、常に市民の暮らしの安心を求められています。KRAFさんのお仕事が、市民のみなさんの安心に繋がるものだと聞いて嬉しい限りです。その上、宮崎の県民性がセキュリティ診断とお仕事とマッチしていて、事業拡大もできている。とても素晴らしいことですね。

藤崎:
ありがとうございます。

戸敷市長:
われわれも、憧れのある魅力的な事業は積極的に紹介していきたい。とくに若い世代の県外流出は、大きな課題の1つです。そこにKRAFさんのような魅力的な企業が宮崎にもあると知れば、私たちも若者たちに紹介することができます。
情報化社会の強みを生かせば「宮崎からでも世界に発信できる」状況を生み出せるのではと、期待しているんです。

それにしても、年齢給という制度はとても面白いですね。

藤崎:
私も思い切ったことをしたと思います(笑)
宮崎ではなかなか珍しい制度でしたから。ですが、優秀な仲間たちがどんどん入社してくれています。彼らが会社の幹となってくれている部分は、この年齢給という制度のおかげではないかと考えています。

戸敷市長:
会社の幹がしっかりしているということは、大事なことですよね。
お話を伺っていると、藤崎さんの熱いお気持ちが、社会全体に広まっていくのが楽しみですね。

藤崎:
はい、私もそれを願っています。

戸敷市長:
行政でも、できる限りのバックアップをしていきたいと思います。
働き方改革や外国人労働者の積極的な受け入れも、宮崎での事業として取り組んでいます。こうした取り組みも活用しながら、ぜひさらなる事業拡大に繋げてくださいね。

藤崎:
ありがとうございます。専門性の高いセキュリティ診断の仕事に、未経験の方でも取り組むことができる当社の強みを、ぜひそうした分野でも生かしていければと思います。

スペシャル対談 Vol.1 後編|戸敷正 宮崎市長|宮崎市内中心部のIT産業の雇用数は、3年で1700名増えています

関連記事