クラフがより独立した形で成長し、より一層評価を高めていってほしいです|Talk ep.02 後編|株式会社SHIFT SECURITY松野氏

株式会社クラフ藤崎

前編では、株式会社KRAF(以下クラフ)と株式会社SHIFT SECURITY(以下シフトセキュリティ)がどのような経緯で協力関係を構築していったのかをお伺いしました。


藤崎将嗣氏(クラフ代表)と松野真一氏(シフトセキュリティ代表)の想いやパッションが共鳴することで、現在の体制に至ったクラフ。その成長ぶりに対し「想像以上だった」と述べる松野氏ですが、具体的にどのような点に驚きを覚えたのでしょうか?


対談後編では、両氏のクラフに対する現状の評価と、今後への期待について伺いました(以下敬称略)。


ー「クラフの成長ぶりは想像以上だった」というお話ですが、もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

松野:本当に、当初の想定からすると想像以上の結果でした。雇用拠点という意味でメンバーの量的な部分はもちろんですが、質的な部分も本当に高いなと。「ヤバい、自分たちを超えられてしまった」といった感じですかね(笑) 

そういった意味でも、私たちの会社もより頑張らなければならないと、良い刺激を受けています。

ー藤崎さんとしては、現在の結果についてどのようにお考えですか?

藤崎:振り返ってみると、もう少し頑張れたかなという思いはありますね。例えば、採用面で言えば、もっとスマートなやり方はなかったかな?と自問する部分もあります。

技術者さん達の採用に関しても、アプローチの仕方や人数なども、頑張れた部分はあったかなと。

ーでは、お話を将来のことへ移していきましょう。今後のクラフへ期待することをお聞かせいただけますか?

松野:まずは、引き続き質の高い人材を確保してほしいということですね。参加してくれたメンバーを幸せにしてほしいという部分は、これまでの良い部分を伸ばし続けていってもらいたいと思っています。

加えて、今後さらに期待することは、クラフ単体で評価されるような企業に成長してもらいたいということ。例えば、独自サービスの創造や、宮崎ならではのサービスの提供。宮崎を代表する企業への成長などは、大いに期待している部分です。

もちろん、私たちは今後も支援を惜しみませんが、クラフがより独立した形で成長し、より一層評価を高めていってほしいですね。

藤崎:これまでに、メンバー個々のパワーは確実に高まってきていると感じています。そこにさらに上積みを加えるべく、引き続き社員の数は増やしていきたいですね。

それから、質の部分では正社員化も加速させていければと考えています。クラフでは年齢給をはじめとした特徴ある雇用制度が用意されています。「安心を提供する会社であり続ける」という我々の理念は、一緒に働く社員やその家族への安心を含んでいます。

魅力ある給与や雇用制度といったメリットを通じて、メンバーの能力はもちろん、働く環境の「質」も後押ししていきたい。そのためにも、先ほど松野さんのおっしゃった、独自事業の創造やサービスの展開は、しっかり視野に入れていかなければなりません。

ー今後採用人数をさらに増やすということですが、具体的な数字などがあればお聞かせください

藤崎:来年、2020年には100名程度の社員数を見込んでいます。翌2021年には、その数を200名に拡大させたいと考えています。

実は現在、採用の拡大に合わせて、より規模の大きいオフィスへの移転も計画中です。雇用の数を増やすので、それに見合った大きさのオフィスをと考えています。正式に決まり次第、皆さまにもご報告したいと思っています。

株式会社SHIFT SECURITY 松野氏

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けているクラフですが、その背景には近年のサイバー攻撃の増加が関係しています。


2017年のサイバー攻撃の数は559万件。これは5年前の10倍で、加速度的にサイバー犯罪が増えていることが伺えます。一方で、必要とされるセキュリティ人材の数は大きく不足しており、2020年には全体で40%の人材不足になると推計されています。


クラフでは大幅な採用増を目指していますが、これはサイバー犯罪に対抗する人材を確保・育成したいという社会のニーズと、強く合致していると言えるでしょう。


また、人材の教育・育成の面では、シフトセキュリティの存在が大きな強みとなっています。従来までのセキュリティ診断では、高度なスキルを持ったエンジニアに依存する傾向が強く、慢性的な人材不足の要因となっていました。


この状況を打開すべく、シフトセキュリティでは親会社のSHIFT(シフト)のノウハウを用いながら、セキュリティ診断の「標準化・仕組化」を促進。誰でもセキュリティの脆弱性診断を行えるパッケージを構築しました。


この「標準化・仕組化」を用いることで、クラフでは採用増を続けながら、継続して質の高い人材を教育・育成することに成功しています。専門性の高いセキュリティ分野でありながら、未経験からでも人材を採用できる秘密はここにあります。


好きな人と一緒に働きたいという想い|Talk ep.02 前編|株式会社SHIFT SECURITY松野氏

関連記事