リモートワークは家族円満にも繋がる | Voice ep.06

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業でもリモートワークを採用する動きが加速しています。クラフでも、従業員の安全確保や感染拡大防止の観点から、いち早くリモートワークを導入。


今回インタビューをお願いした大庭さんも、リモートワークを実際に体験したメンバーの1人です。お話を聞くと「リモートワークは家族円満に良い」という気になるエピソードが飛び出してきました。

ーまずは前職とクラフへの転職を決断した理由からお聞かせください

大庭 (入社1年9ヵ月・設計):前職では、工場勤務やガスの配送業務などを務めてきました。自分は仕事はもちろん、プライベートの部分も充実させたいという希望があります。とくに結婚してからはよりプライベートを重視する想いが強くなり、しっかり休日が確保できる仕事や、給与面も魅力的な企業を探していました。

そうした中で、土日祝日が休みで給与面もしっかりしているクラフと出会いました。正社員になれば年齢給もあるという点も、興味を惹かれましたね。

ークラフへ入社してみて、印象はいかがでしたか?

大庭:これまで自分は、外で汗を流して働く仕事に携わってきました。それに比べれば、オフィスでの仕事は楽だろうと…ちょっと軽く考えていた部分がありました(苦笑)

ですが実際に仕事をしてみると、これまでPCにもほとんど触れたことがなく、デスクワークの経験もなかったので、苦労する部分も多かったですね。

ーなるほど。これまでとは違う環境に苦労した部分が多かった訳ですね。現在はいかがですか?

大庭: 今は、仕事にも慣れることができました。それにつれて自分に足りない部分やスキルといった課題が見えてきたことも、進歩できている部分だと感じています。未熟な部分をしっかりサポートしてくれるクラフのメンバーさんや教育体制が整っていた点もありがたかったですね。

ーさて、プライベートの時間についてお聞かせください。スポーツがお好きだと伺いました

大庭: はい。体を動かすことが好きで、休日はゴルフやサーフィン、バスケットボールなどを楽しんでいます。プライベートの時間が増えて奥さんと過ごす時間が増えたことも、すごく嬉しいですね。

前職では帰宅時間が遅かったり、土曜日の出勤もあったので、なかなか時間を確保できませんでした。クラフに入社してからは、休みがしっかり確保でき、勤務時間も定まっているので、プライベートに割ける時間が増えました。

ー家族との時間が増えたという話が出ましたが、リモートワークでは嬉しい出来事もあったとか?

大庭: リモートワークは通勤時間がなく、昼休みも自分の時間に割くことができます。家にいる時間が長くなるので、家事をする時間が増えました。奥さんも喜んでくれています。ちょっとした買い物や役所での手続きも、うまく時間を活用して役割分担することができます。

自分にとっては、リモートワークが家族円満に繋がっていますね。

ーでは、最後に今後の目標や展望をお聞かせください

大庭: 家族をしっかり支えるためにも、正社員を目指すことが目標です。自分はPCのスキルやオフィスワークの経験など、ゼロからスタートした部分も多かった。その分、細かな部分までしっかり学んで、ステップアップを目指したいですね。

コロナ禍によるリモートワークの導入は、ライフスタイルに新たな可能性を感じさせてくれました。クラフが実施したリモートワークの調査でも、『95%の社員がリモートワーク(在宅勤務)にポジティブ・肯定的』という結果が出ています。

今回お話を伺った大庭さんが話すように、リモートワークが家族円満の秘訣になるというケースも少なくないでしょう。

クラフでは今後も、事業戦略としてリモートワーク(在宅勤務)を推進していきます。2020年12月に移転する新オフィスではソーシャル・ディスタンス・オフィスを実現。従業員が安心して働ける環境や体制をしっかり構築していきます。

RELATED 関連記事

採用情報

社員の皆さまが安心してお仕事に取り組めるよう日々よりよい環境づくりに励んでいます。
皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

教育体制

事業の大きな成長に伴い、人員も急増中。
皆さま一人ひとりが成長できるよう、しっかりとした環境・機会を用意しています。